水アカを溶かして落とす「クエン酸」!「重曹とクエン酸」で排水口のぬめりは撃退できるのか!

やはり、お掃除の面倒さを感じるのは水回りでしょうか。

毎日酷使して、生活に無くてはならない蛇口やシャワー、排水口。。。

きれいにしていたいのに、すぐに使うしあっという間に白く水アカがついてしまいます。

ナチュラルクリーニングができる「クエン酸」がどのくらい洗浄効果があるのか。

シンプルな道具だけで、実際に掃除してみました。

まずは水アカやぬめりの正体から理解して、今後ラクしてきれいを維持できるように意識していきましょう。

水アカを溶かして落とすクエン酸。水アカの正体は?

蛇口やシンク、洗面台や浴室など、水を使う場所にできる「白いこびりつき」

水アカの正体は、水の中にとけていたカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分です。

このミネラル分が水が蒸発した後に残って「白いこびりつき」になってしまいます。

放置すると固まって洗剤を使っても、なかなか落とせないガンコな汚れになります。

こまめに拭くことが、こびりつかさせないポイントかもしれません。

「重曹とクエン酸」で排水口のぬめりは撃退できるのか。ぬめりの正体は?

排水口に出現するあのぬるぬる。

ぬめりの正体は、野菜のクズや料理のカスをエサとして繁殖するバクテリアやカビの微生物が、繁殖する際に出す粘着物質が固まったものです。

ちなみに、ぬめりの正式名称は「バイオフィルム」といい(バイオ=生物)(フィルム=薄皮・薄膜)だそうです。生物の薄い膜を重曹とクエン酸で撃退できるでしょうか。

水アカやぬめりを落とすために準備するもの

  • クエン酸
  • 重曹
  • スプレーボトル
  • 重曹とクエン酸を混ぜる容器
  • 歯ブラシ・スポンジ
  • 大きいお鍋
  • ピカピカにしたいもの(食器やお鍋など)
  • ※正確に量りたい方は計量器を。
  • ※手荒れが気になる方は「ゴム手袋」を。

クエン酸の基礎知識6項目

まずはクエン酸の基礎知識をおさらいしましょう。

あれ?セスキ炭酸とどう違うんだっけ?って、なりませんか?

お恥ずかしい話、この前までの私は混同するときがありました。

それぞれの特性や性質を理解してスムーズにかしこい家事を実践していきましょう。

①【クエン酸の正体は?】食品に含まれる酸っぱい成分

  • 果物や野菜の有機酸で、レモンや梅干しなどに含まれる酸性の粉末
  • 市販品はサツマイモのでんぷんなどを発酵させて作られる。

②【クエン酸の特徴は?】水に溶けやすく酸性

  • 水に溶けやすい性質を利用して、酸味付けや食品添加物、サプリメントの原料としてよく用いられる。
  • 漆類、大理石製品には使えない。
  • 酢酸(食酢の主成分)とは異なる酸ですが、働きは似ています。

③【クエン酸のにおい・揮発性は?】無臭で揮発性なし

  • 食酢(穀物酢やビネガーなど)のような独特なにおいがないので、掃除に使いやすい。

④【クエン酸の保存方法は?】密閉容器で常温保

  • 湿気で固まるので注意。
  • ガラス製容器での保存が良い。
  • 金属製やものによってプラスティック製はNG

⑤【クエン酸が得意なことは?】アルカリ性の汚れ

  • クエン酸は酸性酸性には汚れに染み込んでもろくし剥がしたりとかしたりする性質が作用するので水アカ(アルカリ性)などの結晶性のあるの汚れに有効
  • 蛇口(カルシウムなどのミネラル分)や便器などの固まった汚れをゆるめてきれいに磨き落とすことができる。
  • トイレのアンモニア臭や魚の生臭さタバコのにおいなどアルカリ性特有のにおいを中和して解消する作用がある。
  • 菌を抑えて清潔に保つ抗菌・静菌作用もある。
  • 鉄や金属製品のサビやくもりなどの酸化した汚れを落とし、ピカピカに戻す還元作用がある。

⑥【クエン酸が苦手なことは?】油汚れ・皮脂汚れ

  • キッチン周りの油汚れや、脂とタンパク質が原因の衣類の汚れは落とせない。

クエン酸の使用上の注意

  • 塩素系洗剤(アルカリ性)と併用すると、有毒ガスが発生するので絶対に混ぜない。
  • カルシウムを溶かすので、大理石などの天然石には使用しない。
  • 酸が残るとベタつきやサビの原因になるので、すすぎと拭き取りはしっかり。(特に鉄や金属類)

「クエン酸水溶液」で水アカを溶かして落とす!

クエン酸水溶液(スプレー)の作り方

  • 水200mlに対してクエン酸粉末10gの割合が基本。

「クエン酸水溶液」は「セスキ炭酸水溶液」と違いあまり日持ちしません。

1日で使い切る人や、1ヶ月くらいなら大丈夫という人もいますが、水道水での手作りの場合はできるだけ早めに使い切りましょう。

もし余ったら寝る前などに排水口やシンクに流しておくと除菌や消臭の効果が得られます。

200mlボトルで作っていましたが、1日で使い切れるように100mlの小さいスプレーボトルに5g(スプーン1杯)にしました。

キッチンの蛇口やシャワー水栓で実証

キッチンの蛇口、シングルレバー混合栓。

水道水のミネラル分と汚れが固まると、こうなりますよね。

 

スプレーしてすぐにゴシゴシし始めます。(放置はしませんでした)

拭き取りが疎かになりがちな接続部分の汚れが目立ちます。

歯ブラシと、フキンだけで

ピッカピカ。

新品みたいにピッカピカに、本当になります!

硬くなった汚れがクエン酸と中和して溶けているのがハッキリと感じられます。

汚れが落ちていく感覚を感じられるのは嬉しいですね。

クエン酸は酸性なので、サビの原因になることも。汚れ落ちを確認したらしっかり拭き取るようにしましょう。

 

シャワーヘッドのフックも、すぐにこびりついてしまう部分です。

浴室のサーモスタット混合栓は常に汚れがち。

 

汚れと水溶液を馴染ませるようにゴシゴシと擦っていきます。

そんなに力は必要ないですよ。

水滴を拭き取ったらもうピカピカなんです。

クエン酸の水アカ落とし作用は驚くべきものがありますね。

 

もう、使いたくないくらいピカピカになります。

「重曹とクエン酸」で排水口のぬめりを撃退!

「重曹とクエン酸」コンビでお風呂の排水口と、キッチンシンクの排水口のぬめりを一掃していきます。

「重曹の基礎知識」で重曹に関する記事を書いております。

もしよかったら読んでみてください。

ガスコンロ掃除「重曹とセスキ炭酸ソーダ」洗浄・研磨効果に仰天!!

お風呂の排水口、においやぬめりは取れるのか

重曹2、に対してクエン酸1を混ぜ合わせます。

それだけ。

排水口や、髪クズカゴに振りまきます。

シュワシュワシュワ〜っと音を立てて炭酸ガス発生。

この泡が汚れを浮かせてくれるわけですね。

しばらく放置します。

水がかかっていない所には、クエン酸スプレーをシュシュシュ。

ブクブクブクと音を立てて発泡していきます。

理科の化学実験をしている気分になりました。

実は、排水口の中、ものすごく汚れていたんです。

大きな汚れは浮いて流れていきましたが

ピカピカにはなりませんでした。

でも。においは取れました!無臭です!

7割程度のぬめりや汚れは落ちたように感じます。

追加でクエン酸を振りかけてみましたが、新品のようにはならず。。。

それでもここまでキレイに流せたので満足です。

頑固な汚れがある場合は重曹よりアルカリ度数の高い「過炭酸ナトリウム」の使用をオススメします。

(今回、7割ほど汚れ落ちしたのでまた汚れが溜まったら今度は「過炭酸ナトリウム」に挑戦します。)

キッチンシンクの排水口、どの程度ぬめりが落ちるのか

(映り続けているブルーの影は洗剤です)

排水口内部がドロドロで「ぬめり=バイオフィルム=生物の薄い膜」ができています。

生ゴミカゴも裏側は茶色くなっていて微生物の温床に。

こうなる前に、日々のちょっとしたお手入れでクリーンにしておきたい場所です。

重曹2、に対してクエン酸1。粉末を撒きます。

お水がないところはクエン酸スプレーをシュシュシュ。

炭酸ガスがシュワシュワシュワ〜って音を立てて発泡します。

しばらく放置します。

ドロドロのぬめりがほとんど浮いて流れます。

あとは歯ブラシと、スポンジで軽く洗うと、水を弾くぐらいツルツルになりました。

これだけきれいになると本当に気持ちがいいものです。

もし時間がなくてクエン酸水溶液を作っていなくても、重曹とクエン酸の粉末を撒いてちょっとお水を振りかけるだけでも良いと思いました。

番外編。炊飯用のクリステル鍋はクエン酸でピカピカになるのか!

我が家の炊飯用クリステル鍋。底が変色してしまいました。

マニュアルに軽い変色の場合は、食酢で拭くと元に戻るとあるので(食酢=酸性。酸性=クエン酸)ということで今回はクエン酸を使ってみました。

長年使ってるし、正直そんなに期待はしていませんでした。

 

付属のスプーン1杯分(5g)入れて、火をかけて熱湯にしたらしばらく放置。

中性洗剤とスポンジだけでは落としきれなかったデンプン?!が浮いています。

傷はあるものの。。。

ぴっかぴか。

すごすぎて感動。

20年間毎日使うクリステル鍋が生き返りました。

やはり調理器具は清潔な方が気持ちがいいですね。

ステンレス製のお鍋のくすみや変色が気になる方は、食酢かクエン酸(酸性性質)でお手入れしてみてください。

とても簡単にピカピカになりますよ。

クエン酸・「重曹とクエン酸」使用後の感想とまとめ

今回も、想像以上に「クエン酸」の洗浄効果を実感できる結果となりました。

主婦を20年やっていても、まだまだ感じることがありますね。

 「クエン酸」使用後の実感・感想

  • 水アカが溶けて浮いてくるときの快感。
  • 泡が立たずに洗い流しがスムーズ。これだけでかなりの時短になる。
  • 節水の効果がすごい。(洗い流しに使用する水の量が全然違う)
  • コスパが良すぎる。(クエン酸スプレーなら1袋330gで6L以上作れる)
  • 水溶液を作ること自体は面倒ではない。それよりメリットの方が多い。
  • もし洗い流しがあったとしても、人体に影響のない安全な天然素材で安心感が全く違う。
  • つけ置き中、洗浄中のツンとくるあの独特のにおいが無く、無臭なのが想像以上に快適
  • 水溶液が飛び散っても、色落ちやにおいなど気にしなくてもいいのは精神的に良い。
  • 掃除をする私自身にも、環境にも優しいというのは思っている以上に清浄感を感じる。

今回、徹底してナチュラルクリーニングをやった結果、自然の恵みに感謝しながらそれぞれの天然素材の効果や作用を実感することができました。

ずっと気になっていた水アカやぬめりを一掃できて、心のデトックスまでできたような清々しい気持ちになれたのは嬉しい副産物。

ズボラに甘んじずに、定期的に水回りのお掃除をして気持ちよく暮らしたいと改めて感じました。

過去の記事で、ナチュラルクリーニングの代表である「重曹ペースト」使用後の感想と、「セスキ炭酸水溶液」使用後の感想も書いております。

重複する部分もありますが、ナチュラルクリーニングを試して心から感じた感想を書いております。

もしよかったら読んでみてください。

ガスコンロ掃除「重曹とセスキ炭酸ソーダ」洗浄・研磨効果に仰天!!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。